QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞054「丼」(TB140まで)

」。どん、あるいはどんぶり。
庶民的な、生活と密着した言葉。








丼を包まんとして幼な子の小さき指は凧のごと張る
  三沢左右
大きな器を懸命に持とうとしている子供の指が、
風に抗って飛ぶ凧の骨のようにピンと張っている、というのです。
体が小さく、何をするにも苦労した自分の子供時代のことを思い出してしまいました。

この「丼」というお題、みなさんどうでしたか?
私自身は非常に苦労して詠んだ覚えがあります。
なんとか上手い一首にしてやろうと、力んでしまったんですよね。
しかし、生活のなかにある言葉がお題の場合は、
やはり生活のなかに詠むヒントがある。
ちっちゃい子が頑張ってドンブリを持とうとしている、
それを丁寧に描写することで、こんな素晴らしい歌ができるんですね。

ただ状況を描写しているだけ、ということでなく、
「あ、力いれてるな~」とか、「がんばってんなぁ」という眼差しが
「凧のごと」という喩えにつながるわけで、
そこに、見ている作者の姿が現れるわけです。
そういうのが、短歌の本質なんじゃないかな、と思い出させてくれた一首でした。



」の秀歌たち。


船坂圭之介
 独り身のわが作りたるラーメンの三筋残れる丼 あはれ

保武池警部補
 消えた罪その後通り魔「カツ丼」と捕まり男望み伝えき

津野
 飼い主はひとりではなく公園の猫が水飲む欠けた丼

コバライチ*キコ
 丼に金魚を放つ夕間暮れ花火の音が遠く響けり

龍翔
 紅生姜だらけになった牛丼の中にサラリーマンのかなしみ

るいぼす
 牛丼を食べてる男を観察し観察されてる吉野家の朝

モヨ子
 丼をかき込む仕草にこぼれ出る野性の匂いを見る定食屋

南雲流水
 牛丼を一緒に食べる人がいる引き直さない口紅のまま

粉粧楼
 無自覚に終わる今日を止められず卵崩れる丼の中


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

TBから来ました。初めまして。
明けましておめでとうございます。

拙作への丁寧なコメント、ありがとうございました。
年末年始と少し忙しくしており、お礼のコメントが遅くなってしまったこと、お詫びします。


「作者の姿」というところまで言及していただけて、恐縮です。
上手く詠む、というのは、もちろん意識していることなのですが、理詰めだけではなかなかたどり着けないところに、ぽん、といい歌が出てくることって、ありますね。
いろいろなものごとについて、よく観察し、よく考え、ひとつひとつ自分のものにしていきたいなあ、と思っています。
そうすることで、何か手触りみたいなものを感じられる歌が出来るんじゃないかなあ、と。

今年も題詠がスタートしますが、参加するとしたら、またひとつでも、印象に残る歌を作ってみたいものです。

Re: No title

三沢さん、はじめまして。

手触りを感じられる歌!
そうです、そういう歌を読みたいな、と常々感じるんですよね。
「よく観察する」というのは、ないがしろにしてはいけないことながら、
忘れられがちなことではないか、と深く頷きました。
題をこなすことに追われ、インプットがないのにアウトプットにばかり注力してしまう…
作歌時の基本として肝に銘じていきたいと思います。

三沢さんはじめ、参加されている方の作品を読んで、
歌の持つ力に改めて気付かされ、同じように詠んでいきたいと
自らの作歌姿勢を見直す日々です。

題詠、またご一緒できれば嬉しいです。
素晴らしい歌を読ませていただいて、こちらこそありがとうございました。(*^_^*)
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。