QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞104「まさか」(TB184~287)









白鍵の足りないピアノの夢を見て舌先で歯を数える まさか
  秋月あまね

まさか」。難題。
どう難しいかは前回書いた気がするので省略。

一般的に歌一首は、初見でも五、六秒で読めちゃうもんだと思いますが、
その一瞬で物語が展開したり、発見があったりします。
この一首はその展開がとても良いですよね。
ピアノ・・・舌?歯?? ああ!

白鍵から歯、という私的な連想だからこそ、
「まさか感」を共有しながら読むことができます。
共感を得るためにこそ、的を絞って創るというのは、
短歌に限らず表現のツボのようなものなのだと思います。

台詞や地名などに紛らせるのではなく、自分の体験に引き寄せて詠むのであれば、
「誰もがまさかと思うだろうシチュエーション」を題材にしても
共感を呼ぶのは難しいでしょう。逆説的ですが。
読者が当然のように「まさか」と思うであろうこと…そこには発見も感動もないからです。

「あの人まさか浮気してるの」みたいなことを
短歌で提示しても「演歌かっ」と突っ込まれるだけなんで、
そういうところに嵌らないように、
嵌りそうになったら抜け出すように、
そういう感覚で私たちは詠んでいかないとなりません。



まさか」後半の秀歌たち。


みくにえり
 淋しさを支えるための洗濯機 わたしがサルだなんてまさかね

小倉るい
 まだまさかを期待している松の葉に秋雨の降るうねどり神社


(敬称略)
スポンサーサイト

鑑賞103「細」(TB183~296)







嫌なことどこまでもどこまでもどこまでも 細かく細かくきざんだ玉葱
  滝音



ビニ傘は細魚(さより)のごとく濡れている もういいもういいわたし出ていく
  T-T

畳句を使った歌ふたつ。
同語の畳み掛けによって、やるせない感情が強く表されています。
どこかにぶつけたい、どうしようもなく切迫した気持ち・・・

二首とも、上句と下句の内容が付かず離れずの距離でとても良い。
もう何度も何度も書いているけれど、これが単なる因果だったり、
あるいは一方がもう片方を説明しているだけになってしまうと、
歌の奥行きが狭まってしまうんですよね。
 悪例:嫌なことがあったから/玉葱を刻んだ

畳句には、繰り返しによる意味の強調の他に、
リズムを整える作用もあるみたいですね。
滝音さんの歌は、
五・十・五・八・八(五・五・五・五・八・八?)
という形ですが、つかえることなく読めます。
これが同語の繰り返しでない場合にどうなるのか、
興味がわくところだけど、こうはうまく行かないんじゃないかな?

それからT-Tさんの「ビニ傘は」の助詞「は」。
選択肢として他に「が」か「の」が考えられますが、
「出ていく」と喚かれているその一方で、傘が濡れてんな…と
全然関係のないことが意識されている。
そういう「は」なんでしょうね。
「が」だと、もう少しきっちり言い切る感じが出て、
そのこと自体が下句に関係しているかのような効果になってしまう。

と、ここまで書いて係助詞と格助詞の違いって
よく分かってないな、と思って調べてみると
こういう記事があった。
係助詞「ハ」と格助詞「ガ、ノ、ニ、ヲ、ト、カラ」とは次元が違う

なるほど。
改めて説明されると腑に落ち…るような気もするし、
ますます混乱した気もする(笑)
まあ学校文法だと思ってあまりこだわらないとするか。

「細」の良歌二首でした。



」後半の秀歌たち。


兎六
 職歴に糸と見紛うばかりなる細き柱を一本立てる

松島
 春なのにその昏さゆえ喜びもか細く告げる哀しみありて

ひぐらしひなつ
 筆ペンの細い方から駄目にするあなたの癖字すこし掠れて

みくにえり
 もうずっと来ない電車を待っている君の小指はとっても細い

青山みのり
 ひきだしが細く開いててなにかくるなにかでてくる 明日はいい日だ

村田馨
 見あげればか細き月のほの光る哲学堂は深く眠りぬ


(敬称略)

鑑賞102「幸」(TB174~303)









山盛りのフライドポテト 金子には金子の見つけた幸せがある
  小林ちい

金子には金子の。私には私の。それぞれの。
うん、それでいい。
とも読めるし、それでいいのか金子よ、なのかもしれない(笑)。
誰もが好きだけど、食べ過ぎるのはちょっとダラしない、
フライドポテトという選択が絶妙。

こういう少しシニカルな視点は、持って生まれたものというか、
努力してもなかなか得難いだろうし、
頑張って同じように詠もうと思っても、
あざとくなっていってしまう気がする。

こういう歌風に憧れながら、自分の詠む作品は全然違う方向へ
向かうのがつくづく不可思議・・・
嫉妬を感じつつ、第一席。



」後半の秀歌たち。


揚巻
 親しげなその一枚目、幸せの終わりを始めるためのドミノよ

おおみはじめ
 幸薄(さちうす)と言いつつ笑う女らを白く塗られた墓に見立てる

羽根弥生
 幸福な王子に添ひしつばくらめおまへは少年だらうねきつと

新藤ゆゆ
 おたまじゃくしをすくうみたいに幸せな指のかたちに折りまげてみる

歌音
 幸福の駅にてわらう写真だけ残したひとに触れて水脈

ひぐらしひなつ
 膝についた砂を払えば幸福の遠景として立つ無人駅


(敬称略)

鑑賞101「初」(TB174~315)

三月。
自分の題詠が全く進まず、未だ参加表明にも至らない…。
詠めないなら、読めばいいじゃない。

と、いうことで、001~054のお題の読み残した歌を、
少しずつ鑑賞していきます。百番台の番号をつけて。










六月。初潮を知らぬ少女らの泥にまみれた素足を拭う
  ひぐらしひなつ

春に花開いた生命が、ぐんぐん成長していく季節。
泥まみれで遊ぶ無垢な少女達と、わたし。
「知らぬ」少女らの足を拭う、「知っている」私。

対象に反射させて自身のことを表せるのが、言葉のすごいところ。
詩において「私が、私が、俺が、俺が、」ばかり言ってると
胸焼けをおこしてしまうわけで、こういうふうに「他者」を
描写することによって自分を表す、ってことを覚えると
表現の幅が広がるんだな、と思うのであります。

陰陽、明暗、という反対の性質を持つものを一首中に対置するのも、
ひとつの詠み方なわけですけど、そのうちの片方だけを詳述すれば、
両方について語れるんですね。

この一首には作中主体の心中も、人となりも来歴も書かれていない。
だからこそ豊かな世界の広がりがある。
「俺が○◯して△△と感じた」式の「俺が俺が短歌」だと、
それが唯一の正解になってしまうので、読み手側はそれを
受け入れるか反発するかの二者択一になってしまう。
それはどちらかというとエッセイ向けの表現ですよね。

「俺」、あるいは「俺とあの人」のことばっかり詠ってないか、
振り返ってみるのもいいかもしれません。



」後半の秀歌たち。


尾崎弘子
 図書館の(すみ)はあたたか折り目なき表紙を初めて開く(わたくし)

市川周
 初雪やバカ犬のバカ二割増し(いっそバターになるまで廻れ)

我妻俊樹
 だれだって最初の靴のかかとにはとれなくなった蝶が必要

豆野ふく
 冬の香も少し遠のいた昼下がり 初めましてに丁度良い空


(敬称略)

鑑賞100「完」








生きるとは未完なる死かジギタリスはつか傾ぎて風のこゑ聴く
  今泉洋子
 はつ‐か【僅か】〘形動ナリ〙
  物事の一端がちらりと現れるさま。
  視覚や聴覚に感じられる度合いの少ないさま。かすか。ほのか。〔大辞泉〕


作中主体が猛毒の草を前に、死生について思いを巡らせている。
それを知ってか知らずか、ジギタリスは自分の身を微かに風に揺らせている。

「死」というものは、誰も経験したことがないので、
決して人に語ったり教えたりできない。
だがここでは、不完全ではあれど、生こそが死なのではないか、という。
主体は、死という形で完成する自分の生を想っている。
そう遠くないことではないか、と。

強心薬の代表として名高く、かつ強力な毒性を持つジギタリス。
生と死を同時に内包しているわたし。
静かに風の音を聴いているのは、ジギタリスでありまたこの人自身なのだ。




」の秀歌たち。


芳立
〈自然法爾〉 過ぎたるも足らざるもなき未完成交響曲にみのりあふるる

南葦太
 いつの日か完成するよねと笑う 尊き愚者の解答として

揚巻
 人という病のついに完治せず朱肉に濡れし指あるがまま

黒崎聡美
 死のなかに佇むほどに完全な雪の結晶 息をひそめる

ひぐらしひなつ
 毎日がすべて未完であることのやさしさ 母よ、もうすこしゆく

壬生キヨム
 完成が怖くて俺は恋人の暖房器具を壊したりした

南雲流水
 片われのカップを仕舞う完璧に滅んでしまう危惧種のように


(敬称略)

鑑賞099「惑」

」の秀歌たち。


野州
 眩しくて朝のひかりを避けながら惑う四十肩に頬寄す

たえなかすず
 手のひらに収まりきれぬキーウィを惑星軌道にいま乗せてみよ

富田林薫
 正さを支え合えたらあたたかなひかりを回れ惑星となる

ワンコ山田
 呑みたいね食事したいね逢いたいね(たいね)が降り積む惑星に住む

青野ことり
 戸惑いを隠せないままうなずいたあなたは花を買わないだろう

T-T
 雨に濡れみどりは少し重くなる 戸惑っていた君に気づけず

今泉洋子
 つばくらめゆんゆん飛びてわたくしを惑はせてゐる夏の曲線

砺波 湊
 「ご迷惑をおかけします」とイラストの男は頭頂部見せて謝る


(敬称略)

鑑賞098「味」








たとえば今日の意味を問われて手を止めたまま書架の間の静謐にいる
  ひぐらしひなつ
七・七・七・七・七。
こういう離れ業をみるのも楽しい。

いや、「間」を【ま】と読むと区切れは変わってくるんだけど、
ここはあえて【あいだ・あわい・はざま】のいずれかで読んでみたい。
その方が図書館に立ち並ぶ本棚にぽつんと挟まれた感じがするしね。
初読では戸惑うかもしれないけど、全句七音だと分かってしまえば、
よどみないリズムで楽しむことができると思う。
そう何度も使える手法じゃないけど、こんな大胆な構成の一首が、
どうして短歌として読めるのかといえば、
しっかりした「句」感覚に裏打ちされているからだろう。

三句の七音「手を止めたまま」を、「止めた」で句切れば
五音に納めることはできる。
そこで「まま」という接続助詞を次句の頭に持っていくのを
よしとするか、しないか。これは大きな問題だ。

もちろんどんなことにも例外はあるんだけど、助詞、助動詞などが
句頭にくると気持ち悪く感じることが多い。
一方、そういうのを気にしないで詠まれた歌も、題詠ブログにはとても多い。
現代語は音数が多いから、ひとつの句の中におさめづらく、
やむなき面もあると思うが、しかし…。

ここで話はちょっとそれちゃうが、やっぱり一度はっきりと述べておこうと思う。
短歌を三十一文字の数合わせで作るな」と。
四句目が8音になっちゃったから結句は6音にしよう、とか、
そういう<足し算引き算してトータル31音>みたいな詩型でないことは、
他人の作品を多く読んでいれば分かるはずなんだ。
小説や随筆からたまたま見つけた三十一文字を、句切れなどお構いなしに
抜き出したような、そんな歌も見かける。

この一首を実験台にして言えば、
「たとえばきょ/うのいみをとわ/れててをと/めたまま…」
のように詠まれた歌。名詞や語幹がど真ん中でぶった切られた歌。
短歌はそんな風には出来ていない。そんな風には詠めないし、読めない。
「何を分かりきったことを」と感じる人が大半だろうけど、
投稿歌全体を読んで見れば、こんな基本的な主張を
改めてせざるを得ないのも、理解してもらえると思う。

題詠ブログは、初めて短歌を詠むような人からベテランまで、
様々いるのが面白いのだから、別にいいのです、短歌でないような
作品があったってね。短歌観だって様々だろうし。
俺みたいな駆け出しもいるしね。
でも何年も参加しているひとが、そのような詠み方をされていると、
読むのが辛くなってしまうし、一人一人の歌力が向上していかないのだとすれば、
題詠ブログという場が、ちょっと虚しいものに思えてしまう・・・。

まあそれは、歌に関しての議論が行われるような場はネットでは
成立し難いのだから、題詠ブログに限らず「うたのわ」など
他のソーシャルでも、事情は同様なんだろうと思うけれども。
大きなお世話か。へへーん。

ああ、いかんいかん、話が大幅に横道へ。ごめんなさい。
閑話休題。
ひぐらしひなつさんは、三句以下をやっぱり
「手を止めた/まま書架の()の静謐にいる」
とオーソドックスに五・七・七で詠まれたのかもしれない。
これは聞いてみないと分からないけど。
でも解釈は読み手の掌中にあるのだから、理阿弥としては、
この一首は七・七・七・七・七で、大胆に読むこととします。
四句が「まま」で始まるより「書架」という体言で始まるほうが
座りがいいし、間は訓読みの方がいいと思うし、ね。(*^_^*)

みなさんはどう読みますか?



」の秀歌たち。


tafots
 友だちを敵か味方と分けていた子どもが死んでいく月曜日

保武池警部補
 回廊(コリドオ)で 旨味(うま)し酒もて火を呼べよ 追ひても消さじ 舞うて踊り子

酒井景二朗
 足下に見るに悲しき書の雪崩あれば味氣もなき暮らしかな

飯田和馬
 大好きと君が言ってた菓子を食う。普通だったが親しい甘さ

星桔梗
 薄味になったら愛の表れと思ってください(あした)の笑みも

小倉るい
 TOKYOの味がしている唇を妬んで強く強く吸いいる

星川郁乃
 後付けの意味を探している日暮れ 一番咲きの山茶花を切る


(敬称略)

鑑賞097「毎」

お題に対して、どんなアプローチの作品が出てくるか。
題詠の楽しみ方のひとつだけど、そういう点ではこのお題、
ずばり「毎日」とかでも良かったかな、とも思う。
150人がどんな「毎日」を詠うのか。そしてその全体を
見渡した時、何が立ち上がってくるのか。
まあ漢字一字だと、詠む際に幅が広がるから助かるんで、
「たくさんの人が完走できるように」という配慮があるんだろうな。




駅までの道が毎日あることを恨むでもなく月曜の朝
  南野耕平


でも僕が死んでも君の毎日が続いていくと思えば あああ
  牛隆佑


眼差しの寒暖を見ては薄紙をはがし続けるごとき毎日
  北爪沙苗

さあ、「」。毎日。毎月。毎年。
限りなき成長を是とする時代が終わって、
明るい未来はどうしたって描きにくい。
閉塞感の中で、人が大きな世界を詠まずあるいは詠めず、
個の世界、もしくは「あなたとわたし」の関係だけに
引きこもろうとするのは、必然のような気がする。

<終わりなき日常>という言葉が、十五年ほど前のオウム事件以降
よく使われるようになったが、日々が続くこと、繰り返されることへの
現代人の態度がこの三首にもよく現れていると思う。
生活と切り離せない「毎日」という語が、うんざりとした倦怠感や、
諦観、恐怖感といったネガティブな感覚で使われがちなのは、
非常に興味深いことに思われる。



」の秀歌たち。


桑原憂太郎
 毎日が祝祭となる教室のドアの手前で立ちつくしたり

小夜こなた
 毎度お騒がせしますと踵からひび割れてくる冬の始まり

月原真幸
 手袋を買わずに過ごす冬のことたぶん毎年思い出します

清次郎
 毎秒に一京回の計算をさせながら人はまだやわらかい


(敬称略)

鑑賞096「取」

」の秀歌たち。


みずき
 取り取りの歳もて街を行く貌の青き憂ひを美少女といふ

水風抱月
 明け遠き閨に一条蜘蛛の来てわれの小さき死を看取り秘む

猫丘ひこ乃
 刈り取ったドクダミの香は満ち満ちてラジオ体操第二はじまる

酒井景二朗
 用水の取水口よりやや離れ落つる水見つ立ち去りがてに

富田林薫
 取りあげて外の世界のあかるさの未来のような泣き声のする

芳立
〈海嘯溯乱〉 夏の日の七瀬ひかりし名取川名のみ残して浪おそひゆく

新藤ゆゆ
 自販機の取り出し口をらんぼうにまさぐるような恋をしている


(敬称略)

鑑賞095「遠慮」








遠慮なくお持ち下さい張り紙の植木鉢あり主老いしと
  アンタレス

過不足なく、ビシッと決まった表現にするにはどうしたらいいか。

たとえば「張り紙に書かれてありて」などとやっていると、
たちまちに字数が尽きてしまう。
こういったとき「書かれて」などの動詞を、
省く対象として考えてみるのは悪くないと思う。
動詞は重いので、歌の中でいくつも使うと、
どこがポイントなのか分からなくなってしまうからだ。

 「翁」「山」「芝刈り」「嫗」「川」「桃」
 これらの単語を見ると、有名な昔話がすぐに思い浮かぶが、
 物語が展開するには「行く」「拾う」といった動詞が必要だ。
 つまり、動詞は「お話」を動かす大きな力を持っている。
 だから小さな詩型である短歌で、四つも五つも使うと、
 お話があちらこちらに飛んで、うるさくなり過ぎてしまう。
 短歌を始めた当初、
 「AがaしてBがb、CがcしてDがdした」
 のような歌をよく詠んでいたような気がする。

この歌で見ると、「お持ち下さい」は張り紙に書かれた内容なので、
動詞は「あり」と「老ゆ」の実質二つ。「植木鉢があった」「持ち主が老いた」。
これがこの一首の芯であると分かる。
すっきりしていて、とても良い歌だ。

自分の百首を見返すと、動詞過多の歌がちらほらあり、
もっとスマートに直せる可能性がある。
もちろん一つの目安に過ぎないんだけれど。
プリントアウトして、動詞にだけ赤マルつけてみる、っての、
久々にやってみようかな?



遠慮」の秀歌たち。


三沢左右
 飛ぶ車景にリズムを合はせ母を呼ぶ少女の声に遠慮なきかな

水風抱月
 忍び泣く霧の湖畔に影殺し今宵は月も遠慮がちなる

じゃこ
 Trick or Treat?でしょう遠慮なくいたずらしてもいいよ(もぐもぐ)

竹中 裕貴
 遠慮なくあなたのゆびがひらかれる ゆっくりと停車してください

清次郎
 秋雨よ遠慮しないで音立てて降りなよ僕は待ってないんだ

鮎美
 それならば遠慮なくなどと言ふ人の折り目正しき打ち解け具合


(敬称略)
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。