QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞001「初」(TB 172まで)

さあ、二月も終りをつげる、その末日。私もやっと走り始めることが出来ました。
一首目がかなり難産でした~。
これから暖かくなりますから、徐々にペースを上げていきますよ!

題詠blog2011の鑑賞は、昨年までとやり方を変えて
完走者ごとではなく、お題毎に数首取り上げるかたちでやっていきますね。

----------------------------------------------------------------------------------
さて一発目のお題「」。

どうでしょう、ちょっと低調だったのかな?
みなさん走り始めで探り探りだったのかも知れません。
歌風としては全体的に優しい暖かな感じのお歌が多かったように思います。

TB 172までのお歌で私のイチオシはこちら。








初霜を踏みまよひつつふくらめる雀の嘴に冬は來にけり
 酒井景二朗
冬の到来を詠んだ一首ですが、どこかしら暖かさを感じます。
それぞれの句頭にハ行の音をあてた効果でしょうか。
冷たい地面をヒョコヒョコと歩む愛らしい雀が思い浮かびますよね。
この定型のきれいなリズム、愛唱するにふさわしい歌だと思いませんか?
私の中でこの作品は、冬の始まりを詠ったスタンダードな一首となりました。
酒井さん、素晴らしいお歌をありがとう。


」の秀歌たち

tafots
 宿題の書初め2月の教室の背景として色褪せてゆく

行方祐美
 初他火の馳走の赤飯かをりゐつあづきの苦手な女の子われにも

コバライチ*キコ
 初釜のあした淑気のただよひて庭も道具もかしこまりをり

星川郁乃
 あかんぼが初めて笑う ようこそと春がめざめはじめる ようこそ

清次郎
 初雪はぱたぱたと降る 君よりもかなり静かな金魚と暮らす

(敬称略)
スポンサーサイト

001:初(理阿弥)








十の夏初めての死が発芽せり水際みぎはにカヲルのからだ揺れゐて

ツイッターで歌会した。その記録。(転載)

旧ブログからの転載です

題詠blogにも参加されている西巻真さんが催された、
気まぐれツイッター歌会」に第一回、第二回と参加させていただきました。
(略して気まぐれ歌会 あるいは ツイ歌会)
第二回ツイ歌会の投稿歌、および講評のログを以下にリンクします。

二十人が一首ずつメールで歌を寄せ、匿名で発表。
二十首に対し、気に入った歌を五首、各人が投票。
それから、ツイッター上にて繰り広げられる講評。

評は各々が好き勝手に歌を取り上げましたので、
バラバラに入り乱れています
(第三回からやり方が工夫される見通し)。
ですので、まず「投稿歌二十首」を読んで、あなたなりの
評(好き・嫌い、疑問点、改善点など)をまとめてから
「講評のまとめ」を読まれると良いと思います。
ネット歌人(一部ですけど)が何を気にして歌を作っているのかが分かるでしょうし、
通して読めば、ご自身がどういう短歌観をもっているのかも、
見えてくるのではないでしょうか。
(誰がどの歌を詠んだか、まとめの最後に各自が明かしてます)

改めて、場を設けてくださった西巻さん、まとめを作って下さった goki さんに感謝します。


投稿歌二十首
 注:各歌のあとに記されている名称は投票者のもので、
   作者名ではありません


講評のまとめ

引っ越してきました。

 いままで使ってきたブログが不調のため、本日二月二十二日、FC2ブログに引っ越してきました。
題詠ブログの参加表明を、以前のブログでしていたのですが、一首も投稿しないうちにまさかの引越し(涙)。

以前のブログはそのまま置いておきますので、過去記事はそちらをご覧下さいね。
新しい環境となりましたが、これからもよろしくお願いいたします。

・過去作
「月に輪ゴムを。」
「錆の冷たさ」
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。