QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞025「ミステリー」(TB 138まで)

短歌では五文字の名詞って扱いにくいんですよねぇ。
そこにこのお題「ミステリー」。本年屈指の難題きたー!

「コンピュータ」「コンピューター」などがよく引き合いに出されますが、
外来語の長音の有無は表記が揺れるんですよね。好みもありますし。
ですが題詠blogには、

   (1)歌はすべて、題の文字を必ずそのまま詠み込んでください。 

というルールがありまして、語末の長音符が省略できないのです。

推理ものなどの小説のジャンルを特に区別して
「ミステリ」と表記する慣習がありますが、そういう使い方は出来ない。
ミステリアスやミステリィも駄目。
厄介ですが、やり甲斐があるとも言える・・・のかな?

意図されたものかはわかりませんが、この相当に不自由なお題、
みなさんどう立ち向かわれたでしょうか。



ミステリー」の秀歌たち。

紫苑
 黒蝶こくてふの夢より生ふるミステリー胸のナイフをわたしは抜かぬ

飯田彩乃
 爪すべて切り揃えた日は超長編ミステリーたるきみを繙く

久哲
 割り切れず少し余ってミステリー作家に分類しちゃうサリンジャー

我妻俊樹
 読みかけのトラベルミステリーにあふれてた夏の光をすれちがうバス


(敬称略)
スポンサーサイト

025:ミステリー(理阿弥)








殺鼠剤喰えば死鼠シネズミ二三匹ミステリーなき平生をゆく

鑑賞024「謝」(TB 140まで)

文字そのものがドラマ性を帯びているこのお題。
想像されるドラマに安易に引っ張られちゃうと、
平凡な歌になりがちで、そこから逃れるのに苦労しますね。
難しかった。


」の秀歌たち。

tafots
 袋からこぼれかけてるポンカンを支えるように謝れたなら

紫苑
 ペルソナのおほえるは誰そ素顔なといづくにか捨てなむ謝肉祭

水風抱月
 据えられし鸚鵡頭が街頭に実もなき謝辞をただ紡ぎ居り

雑食
 謝ればすむわけないしポケットにコンドーム二個忍ばせて行く

陸王
 慰謝料は貰えなかった 親権も永住権も駄目でごめんね

佐田やよい
 満員であること謝りつつ走る電車はカーブで浅く傾き

我妻俊樹
 かしこくて感謝しらずで二の腕がつめたくてそう、母親なんだ

(敬称略)

024:謝(理阿弥)








謝罪するひとぞ覚えず不遜なる黙しもやしのひげを毟れり

鑑賞023「蜂」(TB 140まで)








へいきさ、と言ってあなたは蜂蜜の瓶に沈んだ匙を摘まんだ
   梳田碧

蜂蜜はエロスをイメージさせるにうってつけの素材で、
今のネット短歌の潮流からいっても、そういう調理法があたりやすい。
だからこそその使用法には注意が必要なわけで。

「私ってすごく可哀想。ああ悲しい、ああ辛い」
と、自分で言っちゃうドラマの登場人物に全く同情できないように、
「エロいでしょ?エロいとこがいいでしょ?」という詠み手の意図が
透けて見える歌には、やはり共感しづらい。

そこで今回とらせていただいた梳田碧さんのお歌。
実際にエロスを意識して詠まれたかどうかは別にして、
みなさんの頭にはどのような情景が立ちがってきたでしょうか。
作中主体と「あなた」はどんな関係なのでしょう。
琥珀色の液体にゆっくりと沈むスプーンを、
「あなた」の指がひょいっとつまみ、それを眺めているわたし・・・
どうでしょう、まさに絶妙な匙加減の一首じゃないでしょうか。

「エロい」や「悲しい」は直接的すぎると表現にならない、というお話でした。



」の秀歌たち。

夏実麦太朗
 うつろなるアルミサッシの溝のなか蜂のなきがら鮮やかにある

酒井景二朗
 悲しみの含有量の高き街見向きもせずに過ぐる蜜蜂

新井蜜
 蜂蜜がたれるあなたのあごの先かがんで舌をのばせばとどく


 産む蜂も産まない蜂も生きかたは違えど同じかなしみだろう

(敬称略)



ここからは完全に余談。十五年ほど前の某格闘ゲームに「ハニー」という女性キャラがいて結構な人気を博したんだけど、海外に輸出する際に「子供向けのゲームでこんなエロい名前はありえねーよ」ってクレームで名前を変更させられた、って出来事を思い出した。そういうイメージって世界共通なんだな、と変に感心。

023:蜂(理阿弥)








す る りと、リングを受容するおよび(蜂のクビレは脆いだろうか)

鑑賞022「でたらめ」(TB 138まで)








「何処からの人なの」空よ(でたらめに眼に映り込む)空から来たの
   ワンコ山田


私はよく、自分の作品を読み返しながら
「俺はどうも歌で物語を語ろうとしちゃうんだよなぁ」と
反省することがあります。
一首の中で状況を提示して、さらに行動と心境まで提示する。
芝居でいうと「説明ゼリフ」みたいな感じでして、
聞かされる側にしてみれば「わかったわかった、みなまでいうな」って
うるさく思ってしまう。

で、このワンコ山田さんの一首を読んで、
ああ、短詩でのドラマの提示の仕方ってこれだ、と思ったのです。
説明されてるようでいて、その先に読み手の自由が大きく広がっている。
一読してよくわかんない、という性質は詩にとってとても有効な武器です。
しかし何度も読み返したくなるような一首に仕上げるのは容易ではなく、
そこはやはりセンス、才能なのでしょう。
追いつけるようになりたいですが…。

お題がとても活かされているお歌でした。



でたらめ」の秀歌たち。

浅草大将
 雪やめば月こそはやも出でたらめ梅の花影窓に差しつつ

横雲
 君は今咲ける花こそでたらめ吾がかむばせも月に照り映ゆ

尾崎弘子
 でたらめに立つ電波塔 敵を持ちドンキホーテは幸福だつた

稲生あきら
 誰よりもきっと正しいでたらめなうた口ずさみおどれ2歳児

南葦太
 でたらめに繰り返すのも君の意思 つみきつねことりんごりらっぱん

村木美月
 欲しいものねだれない子はでたらめに指先傷つけ野あざみを摘む

(敬称略)

022:でたらめ(理阿弥)








でたらめにかみむしるひと駅におりなにもしてあげワタシられない

鑑賞021「洗」(TB 143まで)








汲んだものみな吸い込んでゆくような洗面器を買う夏のはじまり
  佐田やよい

それってどんな洗面器よ!?
って思った時点で詩は役割を完遂してるんですよね。
新しいモノを買って、生活がちょっと潤って。
なにかはじまるような、これまでと違う予感。

みんな吸い込んじゃう洗面器が効いているから、
平凡な「夏のはじまり」ということばが、特別になる。
日常を詠むときでも、読み手の心を引っ捕まえるための
飛躍が有効だということを思い出させてくれた一首でした。



」の秀歌たち。たくさん。

行方祐美
 洗芋のシチューをふつふつ煮てをりぬ椿がもうぢき首墜す頃

安藤三弥
 喧騒を洗い流して走る猫 なぐり描きした未来が好きだ

夏樹かのこ
 声上げて泣かぬ私のハンカチがごうんごうんと洗われている

不動哲平
 古きよき潜望鏡に洗われてしばし星座の話などする

瀬波麻人
 カシミアを自宅で洗う休日もどうせ誰かの類型として

鳥羽省三
 「洗ひ張りいたし舛」との看板の軒に旧りたり飛騨の高山

新津康陽
 洗い行く深き霧。ほら、音もなく木々の葉裏を、草の葉裏を。

冥亭
 才あるを妬むは凡夫の常ならむ草紙洗の小町にも雨

(敬称略)

021:洗(理阿弥)








アユタヤに象を洗ひてをりといふメール来たりて夏至の静けさ
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。