QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞002「幸」(TB 172まで)

二つ目のお題「」。
こういう文字は、ありふれてはいますが、元々それ自体が
強い色を持っているので、かなり難しいお題だと思います。
「幸福とは◯◯である」とかの定義系は一般論になると上手くいかないし、
「××するのが私の幸せ」系も、××をどれだけ突飛に出来るかの競争になっちゃったりして。
地名などの固有名詞に組み込んでしまえば、自由に詠めるでしょう。
でも、今回は字義通り Happy の意味で使ったお歌を選ばせていただきました。







寝る犬は自らの息に足先の毛を靡かせり 幸せならん
   あひる


数珠念珠下げた牛歩の老女おり祈りつつゆく幸多かれと
   猫丘ひこ乃
両首とも、場面がはっきりと浮かぶのがいいですよね。
観念の世界で完結していない。
細かい描写は、読み手の共感を得る手段として非常に有効ですが、
ここには犬の足毛や、老女の姿が描かれています。
そして対象への優しい視線。暖かな温度を感じる二首でした。
あひるさん、猫丘さん、素敵なお歌をありがとうございました。


」の秀歌たち。

木下侑介
 幸せになりたい俺はおもむろに君のパンティ被って眠る

紗都子
 泥はねのブーツにもある幸せを冬の舗道にさらさら零す

内田かおり
 道のべに踏まれずにある蕾みあらば畳み込まれておりしか幸は

花夢
 母親の幸福なんて真っ黒な煮豆のようなものに思えて

船坂圭之介
 先駆けてゆく雲のした黄昏を恋ふ身しみじみ老ゆる幸せ

千葉けい
 闇薄く蒼みがかるころ床につく君の夏掛けを直す幸せ

(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

有難うございました

理阿弥さま

はじめまして。

この度は私の拙作を取り上げていただきまして有難うございました。
地震の影響で、ずっと落ち着かない状況で、題詠blog2011への投稿も
ストップしたままでいたところ、自分の歌をご覧頂いて、何かを感じてくだ
さる方がいらっしゃることに、言葉にできない喜びを感じております。

短歌を再開できましたら、理阿弥様のお歌をゆっくり拝見させて頂きたい
と思っております。
取り急ぎお礼申し上げます。

こんにちは。

猫丘さん、はじめまして。

地震発生から一週間が経ちました。
題詠ブログもすこし活気を失い、自分でも出来ることをしていかなきゃ、
と思い、手始めにブログ更新を再開しました。

ご来訪いただきまして、こちらこそありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございます

選歌に混ぜていただいてありがとうございます。
縦書きのブログいいですね。ステキ。
これからも楽しみにしています。
ありがとうございました。

Re: ありがとうございます

花夢さん、こんにちは。
今年もまた、たくさん素晴らしいお歌を読ませて下さいね。
歌を詠み続けられる幸せをしっかりと噛み締めて、
一年を歩んでゆこうと思っています。
頑張りましょう。
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。