QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災


地震発生から三日経ちました。被害の全貌が、いまだ見えてこない状況です。

連日の報道を見ていると、人間の暖かさ、絆の大きさを感じるとともに、まったく反対の印象をうけることもあります。

安全地帯におり、かつ自分に非がないという立場にいると、少しでもミスをした者、責められるべき立場にある人を上から目線で非難してしまいがちです。記者会見などで自分の納得のいかない答弁に対しての罵詈雑言がネットなどでも散見され、また当事者である記者たちが声を荒げる場面も少なからずあります。
しかしもっとも大切なのは、今現在苦しんでいる人たちが、実際に何を欲しているのかを忘れないことでしょう。
特に、前線におられるメディア、マスコミの方々ももちろんご苦労はあるでしょうが、どうか視野狭窄に陥ることのありませんよう。
自戒も込めて。

被害の大きかった仙台市若林区に、二十年ほど前に一年だけ住んでいたことがあります。緑のきれいなところで、川沿いをよく自転車で走ったことを鮮明に思い出します。
あのころ触れ合ったひとたちが、生きておられることを願ってやみません。


ひとの立ち歩めるもとに道のあり 生きていれば 生きていれば

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。