QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿歌まとめ 021~030


 
アユタヤに象を洗ひてをりといふメール来たりて夏至の静けさ

 でたらめ
でたらめにかみむしるひと駅におりなにもしてあげワタシられない

 
す る りと、リングを受容する(および)(蜂のクビレは脆いだろうか)

 
謝罪するひとぞ覚えず不遜なる(もだ)しもやしのひげを毟れり

 ミステリー
殺鼠剤喰えば死鼠(シネズミ)二三匹ミステリーなき平生をゆく

 
水面にて羽震わせる蛾を深く沈める指に波動さみしい

 
淡水魚、(かん)水魚などの区別なき甥のながぐつ雨に泳いで

 
管内の死者数十二というときの説明員の声のなめらか

 公式
露となり頬にこぼれる公式のせめて左右の等しく落ちよ

 
左手がすこし遅れるバイエルを弾いてたひとのピアノ《売ります》

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。