QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞067「励」








声高に励まさずとも花ならば風の温度を待ちて咲くもの
  津野
松山千春が「野に育つ花ならば力の限り生きてやれ」と歌っていて、
このような単純な歌詞が活きるのはそれが歌謡曲だからで、
ここに彼の歌声や、曲のメロディ、演奏などが総合的に加わり、
いわゆる「心に届く表現」になってくる。
短詩で「歌謡曲的だ」というのが褒め言葉にならないのは、
これは文字だけで勝負する必要があるからで、たとえば短歌なら
基本的な三十一音のなかでなんらかのフックがないと
ああいい歌だな、という感慨を呼ぶことは難しい(もちろん例外もある)。

冒頭に掲げさせていただいた一首。
この歌もストレートですっと心に沁みるのだけれど、
下句の「風の温度を待ちて」というフックが、
読むものを素通りさせない、大きな役目を果たしている。
偉人の名言などに通ずるような、優れた修辞だ。
ぜひ、音読して味わってほしい。



」の秀歌たち。
励ましの難しさ、辛さが詠われていました。


飯田彩乃
 励起した電子が歌うかつて見た宇宙の昏いかがやきなどを

行方祐美
 励起との言葉を深く剖く人われへの川の轟音聞こゆ

草間環
 励ましの言葉飛び交う列島に背をむけている猫背のわたし

水風抱月
 励ましの声ばかりなる日を倦みて一つ無音の支援を残し

髭彦
 がんばつぺがんぱつぺとて幟立ち励ましをりぬフクシマの地を

伏木田遊戯
 内側へは触れて来ないね 励まして済むんだったら国立国会図書館第二修繕室はいらない

北爪沙苗
 ほどほど、と励ましながら降り続く十月の雨 バラも散るころ

新藤ゆゆ
 だいじょーぶ奨励された色だけでえがく明日はとてもぴかぴか

萱野芙蓉
 励ましは重荷でしたねおろおろと一緒に泣けばよかつたものを

小倉るい
 限られた楕円の中に放たれて何を励みに進むや馬は

竹中 裕貴
 できたての平均台に励まされあなたへ渡るひらがなのとり

星川郁乃
 晩秋をまだ鮮やかに咲きつづけベゴニアはわが励ましの花


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。