QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞005「姿」(TB 160まで)

色彩、時間、静寂。
これらを少ない言葉で語れる人は詩人だ。








姿見をのぞけば青き夕暮れをセーラー服が沈みゆきたり
  新井蜜
制服の紺色が闇に溶け、ひとときの若さを謳歌する顔だけが、鏡に白く浮かぶ。
灯りもつけずに昏れていく静かな部屋で、自分と対面するのだ。
身柄を象徴する衣服を剥ぎ取られた姿は、どのように映るのか。
卒業が、近いのかもしれない。
こののち、さまざまな服をその身に纏い、何度となく姿見の前に立つのだろう。
夕暮れ時に鏡に浮かぶ顔は、同じ顔だろうか。
セーラー服を着てはしゃいだ時間は、もう帰らない。



姿」の秀歌たち。

夏実麦太朗
 闇に立つ観音菩薩立像に姿勢の悪い何体かあり

紫苑
 姿見にかかる端布はぎれは佳き日々の名残か祖母は百歳ももとせを生く

紗都子
 だれにでも揺るがぬ軸があるというヨガの講師の姿勢うつくし

梅田啓子
 こうべ垂れ祈る姿に並びいる地平線までひまわりの花

星川郁乃
 活けられた野花のような伯母 後ろ姿を見せず病室を出る

あひる
 朝な夕な庭のみかんを啄める鵯の姿まあるくなりぬ

ウクレレ
 コピー機の緑の光を操ってきみは正しく姿勢よく立つ

理宇
 もう長く病床にある祖父が未だ正しい姿勢で僕を迎える

尾崎弘子
 高い木の姿が人の形して不思議なり古い杜の夕べは

(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

詩の世界

理阿弥 様

私の拙い歌を載せてくださりありがとうございます。

理阿弥さんのお歌にも、選歌にも、コメントにも「詩」を感じます。
なにげなく急ぎ読みしてしまった歌が、こんなに素晴らしいことに
気づかされます。

これからも楽しみに拝読させていただきます。

お久しぶりです

梅田さん、こんにちは。

初めは自分のためと思って開始した鑑賞も、三年目に突入しました。
昨年はちょっと消化不良の気味もあって、今年はきちんとやりたいと思っています。

といっても、継続するのはなかなか大変なのです。
そんな中、梅田さんはじめお手本とするべき歌人の方々の作品が読めることが、
やはり嬉しさであり、続ける原動力となっています。
毎年素晴らしいお歌を読ませていただいて、ほんとうにありがとうございます。

震災で元気をなくした題詠ブログも、盛り返してゆくといいのですが。
今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございます

取り上げて頂いてありがとうございます。
励みになります。

新井蜜

こんにちは

新井さん、毎年すてきなお歌を読ませていただいて、
こちらこそありがとうございます。
良い短歌を読むことが、拙い歌詠みとしての私の鍛錬となっています。
これからもどうぞよろしくお願いします。
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。