QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞072「汚」

「美」や「麗」などポジティブなベクトルを持つ文字は
詩に使われやすいですが、反対の価値を持つ文字群もまた、
詩作には適していると思われます。
しかしそれだけに今回は「」の持つ強い「詩」性に抗えず、
その引力を振りきれなかった印象。
あるいは、震災で汚染された国土を倫理的に憂うにとどまり、
歌として昇華されない作品が多かったのではないでしょうか。
選のみ。


」の秀歌たち。


横雲
 花の雨しとど濡らせる宵なれば朽ちたる花の汚きを摘む

みずき
 騒音は薔薇の汚れか白きもの全て真白き冬の静寂

船坂圭之介
 ひと厭ふ心はつねにわが裡に汚辱の夜といふ安住地

廣田
 悪徳を知りそめし夏過ぎさりて生徒手帳の汚れを落とす

南葦太
 Always I’m 14 till I die. 汚れてるのは土なんですか?

萱野芙蓉
 星を見る百合の花粉に汚されて地上にゐるつてかういふことか

ひぐらしひなつ
 人殺めしことは忘れよ夏草にシャツを汚して愛しあうとき

藤田美香
 外れても良いのだけれど汚れても良いのだけれど あ、落ちましたよ

竹中 裕貴
 汚くていいよと言われ青薔薇の背骨に指を這わしてしまう

星川郁乃
 それもさほど意味なく囁かれたのだろう葡萄の汁に口を汚して


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。