QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞075「朱」

ひとつの誤りがあるというだけで、「完璧さを欠く」といって
切り捨ててしまうには惜しい作品がある。

すばらしい着想で、言葉の使い方も大好き。
そのお題のなかでも突出して良い表現だと震える。
でも、一個だけ間違いがある。
旧仮名の使い方、あるいは文法、あるいは固有名詞の誤字。
ここ三題ほど、冒頭にもってこようとした歌がそんな感じで、
注釈付きで取り上げてもいいかと思ったけど、
それもなんか晒しあげてるようにとられないかと心配で、
ほんとにどうしようか、という思いである。
記事を途中まで書いては消して、書いては消して。
「ここさえ間違ってなけりゃ、文句ないのに!なんか口惜しい!」
と歯噛みする。

もとから多少の交流でもあれば、「間違いではありませんか」と
尋ねるのもやぶさかでないんだけれど、差し出がましい気もして、
いつもご本人が気付かれるのを待つだけになってしまう。

躊躇するのには、自分に大した歌力がないせいもあり、
そういう間違いや、あるいは歌の感想でもなんでもいいけれど、
気軽に伝えあえる場に、題詠ブログ全体がなって行けばいいんだけどな~
…ということを二年前から思ってるけど、なんの働きかけもしてない自分であった。
新参意識が抜けないのがいかんのかな。

 ※自分自身、たくさん間違いを犯してると思います。
  遠慮無くご指摘いただければ嬉しいです。
  今回だと「大蛇」にわざわざ(おろち)とルビつきで投稿し、
  あとで(をろち)だと気づいたりとか… いろいろやってます。てへぺろ



」の秀歌たち。


たえなかすず
 前の世は少女であった否たぶん 春のこよみに朱鷺は受胎す

保武池警部補
 血の朱のくゆりて旅人(たびと)魂気(たまき)尽き また飛びたてり行くのかあの地

猫丘ひこ乃
 朝採りのトマトは昨日(きぞ)の夕焼けの朱を全身で語っておりぬ

伏木田遊戯
 息絶える間際の痩せた犬のため花ゆれていよ朱雀大路に

萱野芙蓉
 窓を朱にそめる砲火も知らぬまま海の向かふの革命歌聴く

黒崎聡美
 陽の射さぬ納戸の床に落ちていた口紅は朱色 さよならを言う

平野十南
 朱実という女がいればいいのにな名を知らぬ実のわが庭に生う

小倉るい
 協議書の朱のあざやかで明日からは独りで暮らす母の行先

星川郁乃
 それなりに大人のふりもできまして朱肉の池に微かな窪み


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。