QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こつこつと。

新しい年の目覚めにおはよう。
細々とやってるブログですが、今年もよろしくお願いします。

題詠ブログ、2012版も会場が設営されましたね。
残り25題の鑑賞、二月までに終えられるかな?

 ◆

表現以前の事実に感動するならその表現者は恥ずべきだ
ということを塚本邦雄が言っていて、
それを肝に銘じて今年はやっていきたいと思います。まる。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

結社の歌会で述べた感想に対して、代表から
「そんなことはこの歌の中では表現されていない」と
指摘されたことがあります。

詠み手が表現以前のことに自己陶酔的に感動してはいけないなら、
読み手も言外にあることを読解しつつ、
表現された以外のことを余分に慮ってはいけない。

線引きは常に難しいところです。

Re: No title

紫苑さん、今年もよろしくお願いします。

> 読み手も言外にあることを読解しつつ、
> 表現された以外のことを余分に慮ってはいけない。

芸術の解釈の問題は常につきまといますね。
作者の来歴や住環境を知る人、知らない人では作品の受けとめ方は全く変わるでしょうし…
これから何千年たっても、人々はこのことについて議論し続けている気がします。
個人的な感想であればどこまでも自由でよいと思うも、
評となればまた事情は異なるのでしょうね。

一方で、塚本氏の言いたかったことは解釈問題よりもっと手前の部分で、
単純に「題材が美しいからといって、美しい表現になるわけじゃないよ」
くらいの意味に受け取っています。
ちょっと言葉足らずの引用でした。
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。