QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞091「債」

」の秀歌たち。


みずき
 債券を売らむと決めし携帯の感触冷ゆる春に凭れぬ

酒井景二朗
 ささやかな負債のあれば毎日は悲し翼々選ぶ安酒

鳥羽省三
 債鬼待つ店子の如く静もれり桜田門より見上ぐる皇居

牛隆佑
 ローソンが故郷になる/肉体の全てが負債でも抱きしめる

富田林薫
 ノルウェーの森の静かに雪ふるように債務時計の刻まれてゆく

揚巻
 刺しあとをのこしていった蜂はどこ夏の負債もいつかきえると

清次郎
 債務整理ブームは終わり草原に司法書士たちが根差す早暁

鮎美
 晩秋の銀杏並木の燃ゆる黄よ書債ある身はゆつくり歩む


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。