QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞096「取」

」の秀歌たち。


みずき
 取り取りの歳もて街を行く貌の青き憂ひを美少女といふ

水風抱月
 明け遠き閨に一条蜘蛛の来てわれの小さき死を看取り秘む

猫丘ひこ乃
 刈り取ったドクダミの香は満ち満ちてラジオ体操第二はじまる

酒井景二朗
 用水の取水口よりやや離れ落つる水見つ立ち去りがてに

富田林薫
 取りあげて外の世界のあかるさの未来のような泣き声のする

芳立
〈海嘯溯乱〉 夏の日の七瀬ひかりし名取川名のみ残して浪おそひゆく

新藤ゆゆ
 自販機の取り出し口をらんぼうにまさぐるような恋をしている


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。