QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞098「味」








たとえば今日の意味を問われて手を止めたまま書架の間の静謐にいる
  ひぐらしひなつ
七・七・七・七・七。
こういう離れ業をみるのも楽しい。

いや、「間」を【ま】と読むと区切れは変わってくるんだけど、
ここはあえて【あいだ・あわい・はざま】のいずれかで読んでみたい。
その方が図書館に立ち並ぶ本棚にぽつんと挟まれた感じがするしね。
初読では戸惑うかもしれないけど、全句七音だと分かってしまえば、
よどみないリズムで楽しむことができると思う。
そう何度も使える手法じゃないけど、こんな大胆な構成の一首が、
どうして短歌として読めるのかといえば、
しっかりした「句」感覚に裏打ちされているからだろう。

三句の七音「手を止めたまま」を、「止めた」で句切れば
五音に納めることはできる。
そこで「まま」という接続助詞を次句の頭に持っていくのを
よしとするか、しないか。これは大きな問題だ。

もちろんどんなことにも例外はあるんだけど、助詞、助動詞などが
句頭にくると気持ち悪く感じることが多い。
一方、そういうのを気にしないで詠まれた歌も、題詠ブログにはとても多い。
現代語は音数が多いから、ひとつの句の中におさめづらく、
やむなき面もあると思うが、しかし…。

ここで話はちょっとそれちゃうが、やっぱり一度はっきりと述べておこうと思う。
短歌を三十一文字の数合わせで作るな」と。
四句目が8音になっちゃったから結句は6音にしよう、とか、
そういう<足し算引き算してトータル31音>みたいな詩型でないことは、
他人の作品を多く読んでいれば分かるはずなんだ。
小説や随筆からたまたま見つけた三十一文字を、句切れなどお構いなしに
抜き出したような、そんな歌も見かける。

この一首を実験台にして言えば、
「たとえばきょ/うのいみをとわ/れててをと/めたまま…」
のように詠まれた歌。名詞や語幹がど真ん中でぶった切られた歌。
短歌はそんな風には出来ていない。そんな風には詠めないし、読めない。
「何を分かりきったことを」と感じる人が大半だろうけど、
投稿歌全体を読んで見れば、こんな基本的な主張を
改めてせざるを得ないのも、理解してもらえると思う。

題詠ブログは、初めて短歌を詠むような人からベテランまで、
様々いるのが面白いのだから、別にいいのです、短歌でないような
作品があったってね。短歌観だって様々だろうし。
俺みたいな駆け出しもいるしね。
でも何年も参加しているひとが、そのような詠み方をされていると、
読むのが辛くなってしまうし、一人一人の歌力が向上していかないのだとすれば、
題詠ブログという場が、ちょっと虚しいものに思えてしまう・・・。

まあそれは、歌に関しての議論が行われるような場はネットでは
成立し難いのだから、題詠ブログに限らず「うたのわ」など
他のソーシャルでも、事情は同様なんだろうと思うけれども。
大きなお世話か。へへーん。

ああ、いかんいかん、話が大幅に横道へ。ごめんなさい。
閑話休題。
ひぐらしひなつさんは、三句以下をやっぱり
「手を止めた/まま書架の()の静謐にいる」
とオーソドックスに五・七・七で詠まれたのかもしれない。
これは聞いてみないと分からないけど。
でも解釈は読み手の掌中にあるのだから、理阿弥としては、
この一首は七・七・七・七・七で、大胆に読むこととします。
四句が「まま」で始まるより「書架」という体言で始まるほうが
座りがいいし、間は訓読みの方がいいと思うし、ね。(*^_^*)

みなさんはどう読みますか?



」の秀歌たち。


tafots
 友だちを敵か味方と分けていた子どもが死んでいく月曜日

保武池警部補
 回廊(コリドオ)で 旨味(うま)し酒もて火を呼べよ 追ひても消さじ 舞うて踊り子

酒井景二朗
 足下に見るに悲しき書の雪崩あれば味氣もなき暮らしかな

飯田和馬
 大好きと君が言ってた菓子を食う。普通だったが親しい甘さ

星桔梗
 薄味になったら愛の表れと思ってください(あした)の笑みも

小倉るい
 TOKYOの味がしている唇を妬んで強く強く吸いいる

星川郁乃
 後付けの意味を探している日暮れ 一番咲きの山茶花を切る


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。