QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞104「まさか」(TB184~287)









白鍵の足りないピアノの夢を見て舌先で歯を数える まさか
  秋月あまね

まさか」。難題。
どう難しいかは前回書いた気がするので省略。

一般的に歌一首は、初見でも五、六秒で読めちゃうもんだと思いますが、
その一瞬で物語が展開したり、発見があったりします。
この一首はその展開がとても良いですよね。
ピアノ・・・舌?歯?? ああ!

白鍵から歯、という私的な連想だからこそ、
「まさか感」を共有しながら読むことができます。
共感を得るためにこそ、的を絞って創るというのは、
短歌に限らず表現のツボのようなものなのだと思います。

台詞や地名などに紛らせるのではなく、自分の体験に引き寄せて詠むのであれば、
「誰もがまさかと思うだろうシチュエーション」を題材にしても
共感を呼ぶのは難しいでしょう。逆説的ですが。
読者が当然のように「まさか」と思うであろうこと…そこには発見も感動もないからです。

「あの人まさか浮気してるの」みたいなことを
短歌で提示しても「演歌かっ」と突っ込まれるだけなんで、
そういうところに嵌らないように、
嵌りそうになったら抜け出すように、
そういう感覚で私たちは詠んでいかないとなりません。



まさか」後半の秀歌たち。


みくにえり
 淋しさを支えるための洗濯機 わたしがサルだなんてまさかね

小倉るい
 まだまさかを期待している松の葉に秋雨の降るうねどり神社


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。