QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞022「でたらめ」(TB 138まで)








「何処からの人なの」空よ(でたらめに眼に映り込む)空から来たの
   ワンコ山田


私はよく、自分の作品を読み返しながら
「俺はどうも歌で物語を語ろうとしちゃうんだよなぁ」と
反省することがあります。
一首の中で状況を提示して、さらに行動と心境まで提示する。
芝居でいうと「説明ゼリフ」みたいな感じでして、
聞かされる側にしてみれば「わかったわかった、みなまでいうな」って
うるさく思ってしまう。

で、このワンコ山田さんの一首を読んで、
ああ、短詩でのドラマの提示の仕方ってこれだ、と思ったのです。
説明されてるようでいて、その先に読み手の自由が大きく広がっている。
一読してよくわかんない、という性質は詩にとってとても有効な武器です。
しかし何度も読み返したくなるような一首に仕上げるのは容易ではなく、
そこはやはりセンス、才能なのでしょう。
追いつけるようになりたいですが…。

お題がとても活かされているお歌でした。



でたらめ」の秀歌たち。

浅草大将
 雪やめば月こそはやも出でたらめ梅の花影窓に差しつつ

横雲
 君は今咲ける花こそでたらめ吾がかむばせも月に照り映ゆ

尾崎弘子
 でたらめに立つ電波塔 敵を持ちドンキホーテは幸福だつた

稲生あきら
 誰よりもきっと正しいでたらめなうた口ずさみおどれ2歳児

南葦太
 でたらめに繰り返すのも君の意思 つみきつねことりんごりらっぱん

村木美月
 欲しいものねだれない子はでたらめに指先傷つけ野あざみを摘む

(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

恐縮です…

観賞&ありがたきお言葉、本当にありがとうございます。
今年は色々とありまして、走りはじめたのが5月でした。
勢いをつけないとゴールは難しいな…って思って
無茶な設定で進めています。

連作風に(連作では無く)なっているので、お題ごとに読んでいただく方には
「意味不明」な歌ばかりになっております。

それを…「なんじゃこれ?」っと思いながらも
しっかり妄想してくださる(丁寧に読んで頂ける)ってのが
ものすごくありがたいこと!!!

この先も意味不明歌の屍累々…という予定です。
もしよかったら、これからも妄想深読み…よろしくお願いいたします。

Re: 恐縮です…

ワンコ山田さん、こんにちは。

もう7月を迎えようとしていますが、
題詠ブログはまだ人が戻りきらないようですねぇ。
五十嵐さんが出されている毎週のアクセス数を見ながら、
東北の歌人さんも多いのだろうな、と考えています。

完走されましたら、改めて百首まとめて詠ませていただきますね!
ありがとうございました。
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。