QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞026「震」(TB 139まで)

」の秀歌たち。


はこべ
 朝やけに水面静かに震動し睡蓮のはな咲き初めるなり

氷吹郎女
 ふるふると震えて落ちる雨粒の最初になれる勇気があれば

豆田 麦
 武者震いだと言い張って目を閉じた君の唇容赦なく吸おう

伊倉ほたる
 やさしさとあわれみ分ける直線がうまく引けずに震えてしまう

萱野芙蓉
 不意に窓震へて気づく さう、風が吹いてゐたのだ部屋の外にも

中村成志
 亡霊のごとくおぼろに富士は浮き気怠く震う市役所の旗


(敬称略)


今回も特選は無しで。
140以降に期待。

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。