QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞027「水」(TB 136まで)

パッと見よく意味が分からないけど、だまって見過ごせない歌、
そういう作品が百首に一首くらいあります。
評する言葉を持っていないのに、こういう歌を読むのは大好きなんです。
えへへ。









風化する水槽に咲く赤い花 あんな顔して笑ったんだぜ?
  南葦太

「これにふさわしい上句を考えてみよう!」なんてお題になりそうな、
そんなジョーカー的な匂いのする下句なんですけど、
そこにこの上句を合わせられるのがすごい。

上句と下句の狭間に横たわるこの大きな断絶を、自分の表現を信じて飛べるか。
狭間を埋める作業を読者に委ねられるのか。
たいてい、対岸に渡りやすいように作者が自分で埋めちゃうんですよね。

跳躍できるかどうかは、十分な助走が取れるかにかかっていて、
短歌に向きあう時間こそがその助走にあたるんだと思うのです。
もちろん、成功した一首にするのはとても難しい・・・
だけど、自分で納得がいき、そして一万人に一人でも
「好きだ!」って言ってくれたら、それでいい気がしませんか?

Take a leap of faith! 信じて飛べ!



」の秀歌たち。


夏実麦太朗
 水割りのグラスの汗を拭きながらやっぱりひとりがいいって思う

猫丘ひこ乃
 吾の胸に水琴窟を見つければ君の調べが響く暗がり

氷吹郎女
 虹色のオイルたゆたう水たまり 幼いわたしが手を振っている

梳田碧
 肌水の霧を浴びればつくづくとメガネの縁の生温き夜

ほきいぬ
 水際の鴨かもしれない鳥たちが僕らのはしゃぐ声聞く片野

佐田やよい
 水筒に氷ばかりが残されて夏の終わりをひとりで歩く

髭彦
 フクシマを水に流せぬ過去にせむ胸底深く刻みきざみて

萱野芙蓉
 肯いてそしてわたしは嘘をつく桜桃あまく熟れよ水無月


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます☆

拙作を取り上げてくださりありがとうございます☆

「水」は身近なものだけに水のあるシーンをどう
詠むかかなり迷いました。

その中で涼しげで昔のひとの知恵で作られた
水琴窟に注目してみました。
雫が奏でる音の響きに、もしそれが自分の胸の中に
あるならば、と想って詠んだ歌です。

これまでもたくさん取り上げてくださり恐縮しています。
残り20首ほどとなりましたが、引き続き頑張ります。


Re: ありがとうございます☆

水琴窟の響きって、控えめで涼しげで、澄んでいる印象がありますよね。
そういう印象を与える単語を語彙の引き出しから出せるのは、
やはり歌力の大きな要素のひとつなんでしょうねぇ。
結句、「暗がり」の語も、一首に深みを与えていてとても良いお歌と思います。

> 残り20首ほどとなりましたが、引き続き頑張ります。

震災から4ヶ月経ちましたが、相変わらず題詠ブログのアクセスは伸びないようですね・・・
いまは暑いせいもあるのでしょうが、秋に向けて少しずつ盛り上がるといいですね。

お互い頑張りましょう!(ちなみに私は70題以上残してます・・・)
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。