QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞001「初」(TB 172まで)

さあ、二月も終りをつげる、その末日。私もやっと走り始めることが出来ました。
一首目がかなり難産でした~。
これから暖かくなりますから、徐々にペースを上げていきますよ!

題詠blog2011の鑑賞は、昨年までとやり方を変えて
完走者ごとではなく、お題毎に数首取り上げるかたちでやっていきますね。

----------------------------------------------------------------------------------
さて一発目のお題「」。

どうでしょう、ちょっと低調だったのかな?
みなさん走り始めで探り探りだったのかも知れません。
歌風としては全体的に優しい暖かな感じのお歌が多かったように思います。

TB 172までのお歌で私のイチオシはこちら。








初霜を踏みまよひつつふくらめる雀の嘴に冬は來にけり
 酒井景二朗
冬の到来を詠んだ一首ですが、どこかしら暖かさを感じます。
それぞれの句頭にハ行の音をあてた効果でしょうか。
冷たい地面をヒョコヒョコと歩む愛らしい雀が思い浮かびますよね。
この定型のきれいなリズム、愛唱するにふさわしい歌だと思いませんか?
私の中でこの作品は、冬の始まりを詠ったスタンダードな一首となりました。
酒井さん、素晴らしいお歌をありがとう。


」の秀歌たち

tafots
 宿題の書初め2月の教室の背景として色褪せてゆく

行方祐美
 初他火の馳走の赤飯かをりゐつあづきの苦手な女の子われにも

コバライチ*キコ
 初釜のあした淑気のただよひて庭も道具もかしこまりをり

星川郁乃
 あかんぼが初めて笑う ようこそと春がめざめはじめる ようこそ

清次郎
 初雪はぱたぱたと降る 君よりもかなり静かな金魚と暮らす

(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

とにかく今年は

今年は定型にガチガチに固めていかうと思つてゐます。初心に戻るいい時期でもありませうし。
この藝風だと、果たして完走出來るのか、甚だしく不安ではありますが、お互ひがんばつて參りませう。どうもありがたうございました。

こんばんは

酒井さん、どうもこんにちは。
いいお歌を読ませていただいて、こちらこそありがとうございました。
今年の鑑賞をスタートさせるにふさわしい、しっかりとした一首と思います。
こういう歌を読めるのが嬉しい。

お互いに、いい歌を詠みつつ完走できるといいですね!
よろしくお願いします。

先ほど・・・

旧ブログのほうにコメントを入れさせていただきました。
こちらでも取り上げてくださり、どうもありがとうございます。
急に寒さがぶり返したせいか(?)、花粉症で苦しんでいるせいか(?)
立ち止まってしまっていましたが、今晩再スタートをきりました。
縦書きで読めると、やはりいいですね。
これからも楽しみにしています。
お互いに頑張りましょう。

おはようございます。

コバライチ*キコさん、ようこそいらっしゃいませ。
ご丁寧なご挨拶、いたみいります。
まあ題詠の方は、ゴールも8ヶ月先ですから、のんびりやりましょう。

とらせていただいた一首、これは茶の湯の風景ですよね。
やはり特定の場面が映像としてすっと立ち上がる歌は良いですね。
清浄な、冷たく心地良い空気の匂いがするかんじです。
素晴らしいお歌をありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いします。
カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。