QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞039「庭」(TB162まで)








ぼくんちの庭には薔薇は咲かんけど柿が熟してきたのでどーぞ
  かきくえば

はい、いただきますっ

どうでしょう、この素直な、精一杯の恋歌。
バラが咲かない、代わりにカキを。
可愛い…。

いろいろ述べるのも無粋ですけど、
バラと柿っていう、艶やかな花と
ちょっとユーモラスな果物を並べた良さと、
あとやっぱり、きちっとした定型が効果的なんですよね。
繰り返し音読したくなっちゃう。

真っ直ぐさゆえ、心をわしづかみにされました。
(サイトが見当たらず、リンクは割愛させていただきました)



」の秀歌たち。豊作。


矢野理々座
 「うちの庭みたいなもんだこの町は」自分の家さえ持ってないのに

牧童
 海棠を見上げる庭の黒猫よ僕の痛みを半分あげる

ちょろ玉
 校庭に散った桜を焼く人になろうと決めた春だったのだ

史緒
 庭に咲く雛罌粟の朱に誘われし花ぬすびとは咎人なりや

南葦太
 じゃあまたね assたるegoと月の猫 今度こそひとりぼっちの庭

髭彦
 何気なき雑草(あらぐさ)繁る庭隅に潜み待ちゐむ見えぬ魔物の

冥亭
 わが庭にあさがお咲ける日もありき とおく咆哮せる火竜(サラマンダー)

市川周
 猫埋めて土やはらかし春の庭(クロ先輩はともだちでした)

揚巻
 正と負のさかさまになる箱庭はびいだまだけが星なんだろう

今泉洋子
 何処からか匂ひ初めたる木犀の香盗人庭に佇む


(敬称略)

コメントの投稿

非公開コメント

カミソリーフ
題詠blogへの投稿、選歌、鑑賞。
お気軽にコメント下さい。
     powered by 涅槃 ver.2
理阿弥(りあみ)



ツイッター: Assam_Occam


 歌歴:08年より。
 口語でも文語でも。

カテゴリ
ブログ内検索
now Loading...
リンク
新しい記事
コメント
トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。